Contents

内記章:業務ご依頼は

著作、出演、講演の他、音楽関係、各種コーディネート、及びプランニング・コンサルティングなど、弊社及び内記章への業務ご依頼は「お問合せ送信フォーム」からお寄せください。

お問合せページ
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:27
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2018 in EZO」観戦記
 ―音楽の魂が受け継がれる20回目の夏―
1999年の開始以来、今年で20回目となるRISING SUN ROCK FESTIVAL2018 in EZOが、8月10日(金)、11日(土)の二日間、石狩、小樽両市にまたがる石狩湾新港の特設会場で開催された。
 昨年に引き続き、天候には恵まれなかったものの、全てのチケットは完売。延べ7万4千人が7つのステージに登場する約100組のアーティストの熱演を楽しんだ。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:26
半崎美子「明日への序奏」コンサートツアー2018 (2018年4月21日 於:Zepp Sapporo)を観て
メジャーデビューから一年、一回り認知度の上がった半崎美子の「明日への序奏」コンサートツアー2018〜春、全国四都市開催はいずれもソールドアウト。その初日、Zepp Sapporoに期待を膨らませて足を運んだ。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:25
みのや雅彦 リアルライブツアー2017「あなたが幸せになれないはずがない」(2017年12月10日 於:札幌教育文化会館)を観て
56歳になったみのや。56歳といえば一昔前は定年後。しかし今はまだまだ働き盛り。ましてや定年などない音楽の世界。世間には60台70台の現役ミュージシャンがごろごろいる。とすればみのやには、中堅とかベテランという呼び名もふさわしくない。みのやはどこまでいってもみのやだから。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:24
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2017 in EZO」観戦記
今年の夏も石狩の地に熱いフェスが帰って来た。
今回で19回目となるRISING SUN ROCK FESTIVAL2017in EZOは9年ぶりに入場券がSOLD OUTとなり、8月11,12日の両日曇天と雨に見舞われる中、空模様など意に介さぬEZO ROCKER達を集め開催された。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:23
北海道出身の3人組フォークグループ手風琴(現在は4人組で活動)がデビュー35周年を記念して、2017年6月21日よりオリジナル&ベスト・アルバムの音源を一挙デジタルダウンロード&ストリーミングで配信開始。
1982年2月25日、バップレコードから「365日」でメジャー・デビュー。同年11月21日に3rdシングルとしてリリースされた「惜春賦」が菓子メーカーのTV-CMソングに起用されたことも手伝ってスマッシュ・ヒットとなり、翌1983年には初の全国ツアーも実施、その年の学園祭キングにも輝いた。1984年のメンバー交代を経て1990年まで活動を続ける。2007年にオリジナルメンバーの三人で再始動、藤井氏はプロデューサーとして携わり、ふきのとうの元メンバー山木康世とのユニット「嶺上開花(リンシャンカイホウ)」を結成して全国ツアーも敢行。翌2008年に嶺上開花としてのアルバム『嶺上開花〜リンシャンカイホー〜』をリリースした。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:22
みのや雅彦 デビュー35周年記念リアルライブツアー2016『明日をまだ信じてる』
ファイナル 札幌公演
華々しく35周年を祝うという雰囲気ではなく、まだ旅の途中、あくまで一つの通過点に過ぎない、そういう風にステージを展開するだろうと予想していた。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:21
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2016 in EZO」観戦記
今年で第18回目となるRISING SUN ROCK FESTIBAL 2016 in EZOが石狩、小樽両市にまたがる石狩湾新港樽川埠頭横の特設会場で開催された。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:20
みのや雅彦:リアルライブツアー2015「君は今 泣いたりしていないか」
はからずも年をまたいでの2015ツアー「君は今 泣いたりしていないか」のラスト・ステージ。会場都合とはいえ、みのや自身の中でもまだ年明けぬ思いがあったのだろう。それはそうだろう。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:19
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2015 in EZO」観戦記
今年も8月14,15日の二日間、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZOが開催された。七つの特設ステージに約100組のアーティストが出演、時折雨模様の天候ながら、全国からのべ6万5千人のファンが集い、熱く濃い時を過ごした。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:18
『音楽処 10周年 Live Party』開催!
音楽処の10周年記念ライブ。縁のアーティスト達が大勢集結。5月21,23,24日の三日間、札幌クラップスホールを埋め尽くした観客とともに10周年を盛大に祝った。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:17
みのや雅彦:リアルライブ2014「最高の一日」
小雨混じりの寒い日となった11月1日、周辺には老若男女(老>若)が歩みを速めていた。今回大きなハコ(会場)へ移ったこと、それが会場へ足を運ぶファンの間にも一様に高揚感を漂わせている。「去年よりおっきくなったよね。」「教育文化会館だもんな。」期待が足取りを軽くする。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:16
「RISING SUN ROCK FESTIVAL2014 in EZO」観戦記
好天に恵まれた8月15,16の両日、石狩の大地でライジング・サン・ロックフェスティバル2014イン・エゾが開催され、80.5万平米の敷地内に設置された7つのステージに110組を超えるアーティストが出演。二日間で延べ6万人(15(金)27,000人、16(土)33,000人、主催者発表)の観客が多彩なパフォーマンスに酔いしれた。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:15
北都にロックな春!
3月25日(火)のザ・ビーチ・ボーイズ(ニトリ文化ホール)を皮切りに、4月11日(金)ジェフ・ベック(ニトリ文化ホール)、4月13日(日)14日(月)ボブ・ディラン(ゼップサッポロ)、5月2日(金)TOTO(ニトリ文化ホール)と大物アーティストが続々来札。札幌にロックな春が来ました!
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:14
2013年の音楽シーンを振り返って
今年の音楽業界の傾向としては、まず何と言ってもAKB関連グループを始め、ももいろクローバーZモーニング娘。などのヒットチャート常連組女性アイドルグループの活躍が、昨年に続き顕著であったことがあげられる。AKB48は…
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:13
第4回玉光堂演歌祭り
2013年11月6日札幌共済ホールにて第4回玉光堂演歌祭りが行われた。玉光堂が毎年行う同祭り、今年の出演は、小金沢昇司(1988年デビュー、25週年のベテラン)、竹島宏(2002年デビュー)、走裕介(2009年デビュー北海道網走出身船)、 三山ひろし(2009年デビュー)、 紅一点 杜このみ(今年の演歌界期待の新人、札幌出身の24歳)の5組。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:12
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO観戦記
「北海道の夏の風物詩となった野外フェス、RISINGSUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO (以下RSR)が、北海道小樽市、石狩湾新港埠頭横野外特設ステージで8月16日、17日の二日間開催された。第15回目となる今回のRSRに足を運んだ。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:11
『VOICE 20th Annyversary LIVE 』
もう20年経ったのか、とあらためてその月日を思い返しながら、会場に向かう自分の足取りが軽いのを感じていた。夏の夕暮れ時、おりしも札幌は豊平川の花火大会開催の日、浴衣姿の若い女性達が、ぽつりと来そうな空模様など気にせぬようにそぞろ歩いている。会場のサッポロファクトリーホールに着くと場内は…
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:10
『松山千春コンサート・ツアー2013「夢破れて尚」によせて』
4月3日、札幌・道新ホールでの舞台「旅立ち‐足寄より‐」千秋楽に抱いた思いをこのノーザン・エンタメ・アイズに綴ったところ、それを読んだ千春本人が同じ思いで舞台を見ていてくれたと電話をくれた。まさか本人から電話が来るとは思わなかった私は、失礼にも「本当に千春さん?」と思わず確かめてしまった。6月25日、ツアーの最終地札幌ニトリ文化ホール2日間の初日に足を運んだ。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:9
『松原健之コンサートツアー2013年 最終日Zepp Sapporoの公演を観て』
ここのところ演歌の世界に一つのムーブメントを感じる。それは地方をブレイクポイントにして頭角を現す歌い手の存在である。松原健之。
5月19日にZepp Sapporoで彼のコンサートがあるというので足を運んでみた。。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:8
『舞台「旅立ち−足寄より−」札幌・道新ホール 千秋楽を観て 』
千春が23歳の時に書いた自伝的小説「足寄より」を元にした舞台「旅立ち―足寄より―」。その千秋楽に当たる4月3日の札幌公演に足を運んでみた。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:7
『 Sプラ THE LIVE 』
昨年開局50周年を迎えたSTVラジオが、同局内Sプラザを北海道の新しい音楽発信の拠点として、ここから新たな音楽を、文化を、何より世界に通じるミュージシャンを送り出そうと、月1回の公開録音ライブ“Sプラ THE LIVE”を始めた。今回はそのライブに足を運んでみた。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:6
2012年の音楽シーンを振り返って
2012年の音楽シーンを振り返ってみると、チャート上位をにぎわすAKB48、ジャニーズ系を始めベスト・アルバムやカヴァー・アルバム、由紀さおり、きゃりーぱみゅぱみゅ等が注目を集めた。そこでいくつかの特徴的なシーンをピックアップして詳しく検証してみたい。
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:5
みのや雅彦リアルライブツアー2012
1リアルライブツアー2012『胸いっぱいの人生』の最終日、道新ホールのリポートです
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:4
伝説第2章の幕開け―「BEING LEGEND」
10月4日から全国17か所19公演の8日目「BEING LEGEND」のリポートです!T-BOLAN、FILED OF VIEW…
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:3
BAKER SHOP BOOGIE 40TH ANNIVERSARY LIVE
日本のブルース界を支えてきた柱の一つ、BAKER SHOP BOOGIEが結成40周年を迎え、そのアニバーサリー…
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:2
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO
8月10日〜11日に開催の「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO」のリポートです!出演アーティストに…
続きはこちらから
ノーザン・エンタメ・アイズ Vol:1
住岡梨奈、Rihwa(リファ)、山崎あおい
札幌出身の才能豊な女性シンガー・ソングライター3人が、時を同じくしてメジャー…
続きはこちらから