Contents


PROMOTION WINDOW

北の地で行われる様々なプロモーションをサポートする新コンテンツです。

第88回:戸子台ふみや
戸子台ふみや
札幌出身、20歳。 幼少期、演歌好きの祖父の影響で演歌に興味を持つようになる。小学3年生の時、祖父の経営する会社の記念パーティーにおいて『細川たかし』氏の目の前で弟と共に「北酒場」を歌ったことがきっかけで歌うようになる。中学2年生の時、初めて出場した「北海道歌謡グランプリカラオケ大会」では初めてながら準優勝を獲得。その後の大会でも好成績を納め、「NHKのど自慢」「THE カラオケ★バトル U-18春の歌うま甲子園」「THE カラオケ★バトル 全日本大学生選手権」決勝進出(テレビ東京)「みんなのテレビ みんテレ特捜部」(北海道文化放送)といったTV番組にも出演。北海道新聞(地域欄)には高校の学校祭での活動が掲載され、アマチュアながら様々なイベントにも多数出演。そして、20歳が歌うにはあまりにも渋い王道路地裏演歌、デビュー曲「泥酔い酒」(作詞:円香乃、作曲:岡千秋、編曲:伊戸のりお)を2020年5月13日に発売。現在、更なるヒットに向けて精力的にプロモーションを展開中。
♪「エンタメ情報サイト【オフィスナイキ】をご覧の皆さん、戸子台ふみやです!
公式ブログはこちらから
公式Twitterはこちらから
第87回:美里里美
美里里美
宮城県出身、24歳。幼い頃から祖母の影響で民謡に親しみ、趣味で三味線・尺八も嗜む。小学生の時、民謡「さんさ時雨全国大会ジュニア部」に出場し優勝、その後も東北地区を中心に数々大会で優勝、入賞を果たし2014年にはNHK東北民謡コンクール県大会でも優勝と輝かしい受賞歴を持つ。2017年に歌手を目指し東京に上京、ものまねタレント清水アキラ氏の事務所のオーデイションに合格し、清水氏のステージでの前唄や毎月10曲ずつ課題曲を歌い込む修業時代を経て、昨年2月には地元・仙台でのコンサートも実現。遂に2019年5月15日、”清水アキラの秘蔵っ子”として満を持して「夕月波止場」(作詞:麻こよみ、作曲:水森英夫、編曲 :伊戸のりお)でメジャー向け、全国各地で精力的なキャンペーンを展開中。4月12日(日)には、出身地の「まほろばホール大和町」でメジャーデビュー凱旋コンサートを開催予定。
※現在、特典付きで応援団員募集中!入会に関するお問い合わせは「美里里美 応援団」係まで、TEL:03-5343-7805/FAX:03‐5343-7808。
♪「エンタメ情報サイト【オフィスナイキ】をご覧の皆さん、美里里美です!
オフィシャルwebサイトはこちらから
第86回:真田ナオキ
真田ナオキ
埼玉県出身、30才。小中学生時代は空手・野球に全力を注ぎ込み、その後建築業に就く。19歳の時家族から歌手の道を強く勧められたが頑なに拒む日々が続き、約2年後の2011年3月に人生を変える東日本大震災が起きる。歌手による被災地訪問に心を動かされ歌手への道を決断。人に聞いてもらえる声を作りたいとの一心で海辺で喉をつぶし強い歌声にする日々を送る。2015年、後の師匠となる吉幾三を前にして歌う千載一遇のチャンスをつかみ、2016年4月「れい子」(作詞・作曲:吉幾三)でデビュー、2017年6月、第2弾「別れの夜明け」、2018年4月には1stアルバムも発売。レコ発ライブとして初の東・名・阪ライブツアーが完売、7月さいたま、水戸、仙台、横浜で追加公演を実施する。2018年9月第3弾「酔いのブルース」がオリコン演歌・歌謡ランキング5位に初登場。2019年6月にテイチクレコードへ移籍し、2020年1月22日にメジャー移籍後初となるシングル「恵比寿」(作詞・作曲:吉幾三)西口盤・東口盤2種同時に、3月4日には「恵比寿(DVD付)」を発売。5月には初のワンマンライブを東京キネマ倶楽部で開催予定。
♪「エンタメ情報サイト【オフィスナイキ】をご覧の皆さん、真田ナオキです!
オフィシャルページはこちらから
第85回:井上由美子
井上由美子
大阪府出身。2003年に開催された、文化放送「走れ!歌謡曲」放送35周年記念演歌歌手オーディションでグランプリを獲得し、2004年1月7日に「恋の糸ぐるま」でデビュし、2004年1月より2014年3月までの約10年間「走れ!歌謡曲」レギュラーパーソナリティーを務めた。2009年ファンクラブ「ゆみっこ広場」を開設。小柄ながら圧倒的な歌唱力に加え、持ち前の明るいキャラクターで多くのファンを持つ。2019年1月9日にシングル20枚目となる、デビュー15周年記念作「想い出の路」をリリース。そして2019年11月27日には新たなスタートとなる、北の最果て粉雪舞う冬の海にたたずむ女性の哀しい恋物語を、ドラマティックに描いた最新シングル「野付半島」(作詞:円 香乃 作曲:徳久 広司 編曲:伊戸 のりお)をリリース。現在はロングヒットの兆しを見せる同曲のさらなるヒットに向け、精力的なキャンペーンなど全国的にプロモーションを展開中。また、2011年11月23日に同じくキングレコードの永井裕子とのユニット「なでしこ姉妹」としてこ活動を開始し、2019年6月5日発売の最新曲「ハイヤが聞こえる港町」まで、シングル6作品をリリースしている。
♪「エンタメ情報サイト【オフィスナイキ】をご覧の皆さん、井上由美子です!
オフィシャルwebサイトはこちらから
第84回:White Explosion
White Explosion
北海道発!次世代型オールラウンダー「White Explosion」(通称ホワエク)。
北海道を拠点に活動するアーティストというコンセプトのもと、2017 年 3 月より本格的に活動スタート。メンバーは、石名坂ふぶき、大久保永遠、坂口侑也(リーダー)、佐藤拓海、三浦拓也、山田恭平の6名。
道内各地でのイベント・ライブ出演や、北海道の魅力を伝える動画をメンバー自らが企画制作しyoutubeへ投稿、動画アプリTik Tokに投稿したダンス動画が20万回以上再生されるなど、各方面で注目を集めている。
現在 FM NORTH WAVE にて「 lol 佐藤友祐のaccess to smile」にラジオレギュラー出演中、2020年3月21日(土)、22日(日)に5度目となるワンマンライブ「ALL ROUND」札幌サンピアザ劇場にて開催決定!
チケットも絶賛発売中。北海道のみならず日本を席捲するホワエク旋風が今後、増々楽しみである。
♪「エンタメ情報サイト【オフィスナイキ】をご覧の皆さん、White Explosionです!
オフィシャルwebサイトはこちらから

■過去に出演したアーティスト

アーティスト名クリックで動画閲覧サイトにリンクします。

第83回:藤原浩 第82回:原大輔
第81回:男石宣隆 第80回:みずき舞
第79回:知里 第78回:山木康世
第77回:KANA 第76回:藤原浩
第75回:二見颯一 第74回:三丘翔太
第73回:男石宣隆 第72回:HoneyLDays
第71回:伊達悠太 第70回:KANA
第69回:THE 武田組 第68回:松原健之
第67回:伊達悠太 第66回:戸川よし乃
第64回:エドアルド 第63回:清水博正
第62回:古澤 剛 第61回:ももちひろこ
第60回:KANA 第59回:桜井くみ子
第58回:三丘翔太 第57回:湯原昌幸
第56回:金子聡司 第55回:斬波
第54回:KANA 第53回:増位山太志郎
第52回:清水博正 第51回:因幡 晃
第50回:KANA 第49回:NaNa☆
第48回:NICEDADDY 第47回:城太郎
第46回:Rico 第45回:LoVendoЯ
第44回:三代沙也可 第43回:川上大輔
第42回:工藤えみ 第41回:THE 武田組
第40回:城太郎 第39回:山口ひろみ
第38回:高橋樺子 第37回:花ト散るらん
第36回:臼澤みさき 第35回:児玉梨奈
第34回:杜このみ 第33回:LinQ
第32回:Drop's 第31回:水田竜子
第30回:工藤えみ 第29回:山本あき
第28回:清水博正 第27回:ジルデコ
第26回:竹島宏 第25回:水城なつみ
第24回:成底ゆう子 第23回:N・エドワーズ
第22回:松尾雄史 第21回:小野恵令奈
第20回:葵-168 第19回:北川裕二
第18回:木村竜蔵 第17回:高橋優
第16回:戸川よし乃 第15回:川上大輔
第14回:伊藤美裕 第13回:カラーボトル
第12回:ねごと 第11回:清水博正
第10回:moto 第9回:水田竜子
第8回:ちはらさき 第7回:加賀谷はつみ
第6回:Rihwa 第5回:こおり健太
第4回:中西りえ 第3回:山崎あおい
第2回:臼澤みさき 第1回:乃木坂46

■出演した全アーティストの動画一覧・紹介文は
こちらからご覧になれます。

著作、出演、講演の他、音楽関係、各種コーディネート、およびプランニング・コンサルティングなど弊社および内記章への業務のご依頼は「お問合せフォーム」からお寄せください。